あぴ雪ミク「……」
あぴミク「あ、あれ?あぴ雪ミクちゃん?なんで?」
あぴ雪ミク「呼ばれた」
takesiman「呼びました」
あぴミク「なんで?」
takesiman「今夜雪らしいから」
あぴ雪ミク「雪なら私の出番」
あぴミク「そ、そうなの。今までどこで何してたの?」
あぴ雪ミク「夏眠してたのに起こされた」
あぴミク「夏眠?何それ?」
あぴ雪ミク「冬まで眠って待つ」
あぴミク「熊の冬眠!?」
あぴ雪ミク「……冗談」
あぴミク「そ、そうなんだ。マスター、やっぱり私この子苦手ー。で…(あぴ雪ミクの後ろを見る)」
桜あぴミク「はーい!私も呼ばれました!」
あぴミク「そしてその服は…」
桜あぴミク「これいいですよね。あぴ雪ミクちゃんとお揃いです」
takesiman「あぴの分もあるから後で着替えてね」
あぴミク「はいはい。胸も大きくなるし、嫌いじゃないんだけど、ただ問題は例のモーフなのよね。あれ?でも今日は私は1人でって聞いたけど?」
takesiman「うん。2人とあぴは別。まあ、あぴの出番は今日じゃないかも。」
あぴミク「?」
takesiman「ま、まずは2人から。でも2人で踊るんじゃなくて、途中で交代するやり方になります」
桜あぴミク「なるほど」
takesiman「あと、今回はステージも2人に合わせて交代します」
あぴミク「また重くなりそうなことを…」
takesiman「重かったですw。まあでも2人ならなんとかね。じゃ、いってきて。あぴは着替えておいで」
桜あぴミク「はーい!」
あぴ雪ミク「……」
あぴミク「分ってるわよ!これ終わったらケーキ奢ってもらうからね!」
takesiman「はいはい」

10 248
Herunterladen

2 Kommentare

 何と明日の天気に忠実な作品なんでしょうか!雪、桜の交代がまたいい感じです。
東京に限って言うと最高気温今日より19度近く下がるって・・・ 

2人とも、あこがれのおっぱいボディーになってご満悦ですね。セーラー服とランジェリーの両方を楽しめました。ステージも下着も2人それぞれのイメージに合わせていて、すてきですね。